トロフィーで大けが

昨年末に、ニュースできゃりーぱみゅぱみゅさんが、イベントで受賞した時に、一緒にもらったトロフィーを持ったまま段差で転んでしまい、くちびるを怪我してしまった、という事件がありました。
あの可愛いきゃりーさんの怪我だったのでテレビなどでも沢山取り上げられていましたが、私はそのニュースで別の事を思い出していました。

もう10年以上前の、実家で母の身に起こった事件を思い出したのです。
私の実家にはトロフィーは、1つしかありませんでした。
普通の家にたくさんあるモノなのかもよくわかりませんが、とにかく1つだけ、ありました。
いつ誰がもらったのか分かりませんが、きっと父がもらったトロフィーだったのだと思います。
しかし飾られているというよりは、置かれているだけだったので埃もかなりかぶっていましたし、磨かれることもなかったのではないでしょうか。
私がピアノを中学2年生か3年生くらいまで習っていましたので、実家にはアップライトのピアノがありましたが、その上にそのトロフィーはずっと鎮座していました。
重いモノだったのでしょう、ストッパーのように何冊もあるピアノの楽譜を倒れないように支えていました。
ちなみに自分で持ったことはありませんでした。
私自信はトロフィーをいただくような受賞経験などはありませんでしたので、トロフィーというものを自分の手で持ったことはありません。
学校の体育祭などで形だけ持つようなトロフィーですら持ったことがありません。
ですから、自宅にあったトロフィーの重さなどは見当もつきません。ただ、なんとなく重そうだな、とずっと思っていました。

そのトロフィーが、居場所がなくなったのは私が高校生の頃、ある日突然、ピアノがなくなってしまった日のことです。
ピアノは私が帰宅したら、もうありませんでした。
母が突然思い立ち、私には意見を聞くこともなくピアノを売ってしまったのです。母の中では計画的だったらしいですが、私には突然の出来事でした。
そして、ピアノが置かれていた場所には食器棚が置かれましたが、その中にトロフィーが入るようなスペースがなかったことが問題になりました。
楽譜などは私の部屋に置かれましたが、トロフィーは置く場所がなく、しばらくリビングの床に直置きされていました。
掃除の邪魔にされながら、トロフィーはしばらくの間、床に置かれていましたが、その扱いに腹を立てたのかもしれません。
ある日、掃除機をかけていた母は、トロフィーに足を引っかけ、棚にぶつかり、顔を怪我してしまいました。
顔に傷がつきましたが、母は怒りながら、床に置いていた私が悪い、と反省していました。

その後、トロフィーは食器棚の上の方に居場所を作られて、今もそこに置かれています。
母の顔には小さくですがその傷が今も残っています。猫に引っかかれたような傷です。
年末のニュースを聞いて私は、母の事件を思い出すとともに、きゃりーさんの口の傷が残らないようにと祈らずにはいられませんでした。

頑張った子供へ授与するトロフィーや優勝カップに、大会名などの彫刻文字をリーズナブルな一律料金で刻むことのできる販売店です。 子供たちのモチベーションを高めていくには褒めてあげることが大切ですので、当社はそのお手伝いをいたします。 スポーツから文化系イベント、メダルからトロフィー、表彰盾等の多種多様なグッズが揃います。 子供が喜ぶトロフィーを作りましょう